相続税とは

専門家に相談しよう

財産を相続する際にはそれに税金がかかります。
一定額以上の財産を相続した場合には必ず相続税が発生するため、きちんと支払わなければいけません。
相続したすべての財産から控除を引いて余った額に税金が課せられます。

したがって、たいていの場合は控除によって相続税を支払わなくてもよくなります。
割合的には相続をした方の20人に1人程度しか相続税がかかっていないのです。
相続税の控除の中でも最も大きなものは相続税基礎控除です。

これは3000万円が基本となっており、さらに法定相続人の数に600万円をかけたものを足し合わせます。
たとえば、法定相続人が配偶者のみの場合には、基礎控除額が3000万円となるため、これ以上の相続をしない限りは税金がかからないのです。
したがって、よほど親が資産家であるというケースでない限りはあまり気にする必要はないでしょう。

不動産を相続したり、親が数千万円以上もの貯金を持っていてそれを相続するようなケースでは、相続税についてきちんと考える必要があります。
税金については専門家に相談をするのが一番よいでしょう。
相続税に関してはこちらで解説されています。
>>http://souzoku.komonzeirishi.com/knowledge/index.php

相続税を節税するには

残された家族のことを考えるならば、生きているうちに色々な相続税の対策をしておくべきでしょう。
相続税ができるだけかからないような状況にしておくことによって、遺族が相続税の支払いをする必要がなくなります。
最近の日本は高齢社会となっているため、多くの方が相続税に注目しており、自分できちんと対策をしておきたいと考えています。

相続人の数を増やせば、それによって一人あたりの相続額が減るため、結果的に相続税がかからなくなるでしょう。
たとえば、養子縁組をすることによって、その人にも相続の権利を与えるようにすればよいでしょう。
また、土地や建物の場合は、評価額を下げることでも対策が可能です。

土地に関しては更地が最も評価額が高いため、そこに建物を建てるべきでしょう。
たとえば、地主の方が自分の持っている土地にマンションやアパートを建てるのは、相続税対策としてやっていることなのです。
これによって、所得税や固定資産税を節税することにもつながります。

返済できる範囲で借金を作るという方法もあります。
たとえば更地に建物を作るときに借金をすることで相続税対策となるのです。
ただし、これはきちんと返済できる範囲でお金を借りないと逆効果となるでしょう。

生前贈与によってあらかじめ財産を減らしておくという方法もあります。
あるいは自己株式や生命保険を活用することもできます。
色々な方法で相続税の対策をきちんとやっておくべきでしょう。
被相続人の方は工夫をするべきです。