遺言書の書き方

全文自筆が原則

大切な人に自分の財産をきちんと残してあげるためには遺言書を書かなければいけません。
ただし、遺言書には法律によってきちんとした書き方というのが定められています。
これだけは絶対に書いておかないといけないということがいくつかあるのです。

まずタイトルとして遺言書と一番上に書いておきましょう。
全文自筆で書くのが原則となります。
パソコンで書いたりしてはいけないのです。

法定相続人に対しては財産を相続させると書くのですが、それ以外の人に対しては遺贈すると書きましょう。
財産については書き漏れてしまうと、それに関して余計な話し合いをしなければいけなくて、トラブルになることが多いです。
すべての財産についてきちんと書いておきましょう。

遺言の手続きをスムーズに進めたいならば、遺言執行者を選んでおきましょう。
遺言書の中で指定することができます。
付言事項として家族に何かメッセージを残しておくことも大切です。

付言事項は法的な効力があるわけではないのですが、感情的な問題として重要でしょう。
きちんと正確な日付を記入して、自分の手で署名と押印をしましょう。
そして、きちんと封入をして、封印をして、大切に保管しておきましょう。
押印に関しては実印の方がより正確であり、トラブルになりにくいです。

遺言書の書く際の注意点

遺言書を作成する際には自筆とみなされないようにしなければいけません。
それだけ効力の強い書類のため、条件も厳しく考えられているのです。
パソコンやワープロで作成したものは遺言書としては認められません。

また、音声を録音したものも遺言書にはなりません。
他人に代筆してもらったものも遺言書としては受け付けられないでしょう。
自筆遺言書として作成する方が多いのですが、条件を満たしていない可能性があるため気をつけましょう。

確かに費用がかからなくて手軽に作成できるためメリットはあるのですが、少しでも不備があるとそれが問題となります。
また、保管をするときにも苦労することが多いでしょう。
不安な方は公正証書遺言として書類を作成してもらった方が良いです。

こちらは公証役場で作成してもらうタイプの遺言書です。
公証人が関わってくれるため、不備のある遺言書が作られることはないです。
内容もより正確なものを作成できるようになるでしょう。

作成した遺言書の原本を役場で保管してくれるため、紛失の心配がないこともメリットのひとつです。
デメリットとしては手数料が発生してしまい、証人も必要となることです。
これ以外には秘密証書遺言というものがあります。

こちらは遺言書を作成したという記録を役場に保管しておいてもらえます。
これによって、遺言書が作成されたという事実は残ります。