ペットに関する遺言書の作成

負担付遺贈で安心

近年、ペットを飼っている人の数が増えています。
その方達の中には自分が死んでしまったあとに、ペットがどのように扱われるのか不安な方もいるでしょう。
特に独身の方の場合は、ペットのことが心配でたまらないかもしれません。

そのような方はきちんと遺言書にペットのことについて記載しておくべきです。
遺言書では本人が亡くなったあとのことについて、色々と書き残しておくことができます。
その中にはペットに関することを含めることも可能なのです。

ペットに遺産を相続させたいと考える方がいるかもしれませんが、現在の法律ではそれは不可能となっています。
人間以外のものが財産を所有することは認められていないのです。
したがって、遺言書ではペットを誰が世話するのかを書いておくことになります。

信頼できる人の名前を遺言書に書いておくことによって、その人がペットとペットの所有権を相続するのです。
また、ペットに財産を残すための工夫も存在します。
それは負担付遺贈を利用する方法です。

これは財産をあげる見返りとして一定の義務を負担してもらうという制度のことであり、たとえば財産をあげるから、その見返りとしてペットを育てて欲しいと遺言すればいいのです。
これによって、実質的にペットに財産を残したことになるでしょう。
基本的には誰に対してペットの世話を頼んでも構わないです。
ただし、それを断る権利が当然あるため、生前にきちんと相談をして合意を取り付けておきましょう。

ペットに関するトラブル

ペットを任せる際には負担付遺贈をすることが多いです。
何の見返りもなしにペットを任せたとしても、その人がペットを本当に大切に扱ってくれるのか分からないからです。
そのような不安のある方はそれなりの財産を遺贈することによって、ペットの飼育の義務を負ってもらいましょう。

自分の死後のことについては色々なことを検討する必要があります。
ついペットに関することは後回しになってしまうことが多いのですが、きちんと扱い方を遺言で定めておくと良いでしょう。
遺言書はきちんと作成されているのにペットに関してまったく記述されていないことは意外と多いのです。

ペットについてどのような世話をしてほしいのかは具体的に記しておきましょう。
散歩の場所や時間、ドックフードの種類、予防接種の時期など、ペットを飼うために必要な情報はすべて含めておくべきです。
ペットに関するさまざまな情報がきちんと得られるようにしておきましょう。

本当に遺言通りにペットの世話をしてもらえるのか不安な方は遺言執行人を用意しましょう。
執行人によって、遺言が正しく実行されているか監視されます。
ペットに関する遺言はきちんと公正証書にしておきましょう。