被相続人に借金がある場合、相続の辞退はできる?

熟慮期間がある

相続については財産を自分がどれだけ受けられるのか気になる方は多いです。
ただし、財産に関することだけが相続ではありません。
実は亡くなった方の借金に関しても相続の対象となっているのです。

借金について相続しなければいけないのか悩んでいる方はたくさんいます。
基本的に民法によって相続を放棄できることが定められているため、借金を相続したくない場合は相続放棄をしましょう。
たとえ相続をしたとしても負債ばかりであり魅力がないと判断したならば、これが使われることが多いです。

あるいは相続財産によって借金を弁済して、財産に余裕のある場合に限り相続するという限定承認という方法もあります。
どちらを選択するにしても、3ヶ月以内に決める必要があります。
この期間を熟慮期間といい、これを過ぎてしまうと無条件に相続を承認したとみなされてしまうため注意しましょう。

早めに手続きを済ませておく必要があるのです。
相続放棄をしたい場合は家庭裁判所に申し立てをしましょう。
相続放棄申述書や戸籍標本、住民票の除票といったものが必要となります。

特に書類の内容に問題がないならば、すぐに相続放棄は認められます。
仮に相続放棄をした後に債権者に迫られたとしても、相続放棄をしたことを証明すれば問題ありません。

相続放棄に関する注意点

相続放棄の申し立てが認められると、当人は初めから相続の権利を持たなかったものして扱われることになります。
負債を引き継ぐ義務はなくなるのですが、財産を受け取る権利もなくなってしまいます。
手続きを進める前にこのことをきちんと理解しておくべきでしょう。

また、相続人のうち誰かが相続放棄をしてしまうと、それによって相続に関する順位の変動が起きることがあります。
相続放棄をすることによって、それ以外の方達の順位に影響を与えることは知っておきましょう。
念のため自分が相続放棄をすることを伝えておくべきでしょう。

相続放棄をしたならば、相続財産については一切手をつけてはいけません。
少しでも手をつけてしまうと、債権者から訴えられて、最悪の場合は相続放棄が無効となってしまう可能性もあります。
相続財産に手をつけられるのは相続人のみに与えられた権利なのです。

安易な行動を絶対に取らないように気をつけましょう。
多額の借金が残っている場合は、相続人全員が相続放棄をするケースもあるでしょう。
この場合はそれぞれにきちんと手続きを取ってもらうことを確認しなければいけません。

そうしないと知らないうちに特定の相続人が借金を引き継いでしまうケースが出てくるのです。
相続人の人生に大きな影響を与えてしまう可能性があるため、よく話し合いをして慎重に検討しましょう。