お墓や仏壇は相続できる?

親の高齢化で考えること

親が高齢になると相続について考えなければいけません。
色々な財産を相続できることが知られていますが、果たして墓や仏壇を相続できるのか疑問に思っている方は多いでしょう。
これらは祭祀財産として定義されています。

祖先を祭祀するための財産のことであり、これらは基本的に相続の対象とはなりません。
家系図や位牌、仏壇、墓地、墓などが祭祀財産に含まれており、これらは基本的には祭祀を受け継ぐとされている人が貰い受けることになっています。
祭祀を受け継ぐ人がどのように決まるのかというと、亡くなった方が事前に指定するか、遺言の中で指定しておくか、あるいはその地域の慣習によって決まります。

たとえば、その地域では家を継いだ人が祭祀を受け継ぐことになっているならば、それにしたがうことになります。
必ずしも長男が継ぐとは限らず、たとえば次男が家を継いでいる場合は同時に祭祀財産も引き継ぐことになるのです。
慣習が特に決まっていない場合には家庭裁判所が判断します。

祭祀に関しては必ずしも相続人である必要はなく、血縁のない人でも受け継ぐことは可能です。
祭祀財産を受け継いだからといってその値段分を相続分から減らされることはないです。
ただし、法要をはじめとした費用を余分にもらうこともできないため気をつけましょう。

祭祀財産に関するトラブル

相続について考える際にトラブルに発展しやすいのは祭祀財産に関することです。
遺品整理をしていると祭祀財産を引き継ぎたくないという方が出てくることがあるのです。
基本的に祭祀財産に関しては一人の方が引き継ぐことになっています。

何故ならば、複数の人で管理してしまうと、それぞれの祭祀財産がバラバラになってしまう可能性があるからです。
そのようなことが起きると祭祀財産に関しては不都合が大きくなるため、すべてをまとめて一人の人が相続するようになっています。
そうすれば、何度も相続を繰り返したとしても、それらはすべて一つのものとして相続されていきます。

引き継いだ後に処分されるケースもあります。
特に最近は信仰心を持っていない方が増えており、仏壇や神棚といったものに価値があると考えない人が増えています。
これらを処分することは当人の自由であり、持て余すことになるならば処分した方が良いでしょう。

たとえそのことを親族から批判されたとしても、それならあなた方が引き継いでくださいと主張すればいいのです。
注意点としては処分するときにゴミ捨て場に出すようなことはしないでください。
特に遺骨に関してはきちんと処理をしてもらわないと法律によって罰せられてしまいます。
親族でよく話し合いをして決めるべきでしょう。