遺産分割の方法

分割協議は早めに

相続が開始されると、相続放棄をしたり、限定承認をすることができます。
これらをしなくて3ヶ月過ぎてしまうと、遺産を単純承認したとみなされます。
つまり、被相続人の有していたすべての権利や義務が相続人のもとに渡り、それらを共同相続することになるのです。

この時点では遺産は共有されていることになるのですが、これを個々に分配して、それぞれに取得させることを遺産分割といいます。
遺産分割には特に期限はなく、遺言書に特に指定されていないならば、どのタイミングで分割しても構いません。
ただし、配偶者の相続税が軽減されるには分割をすることが前提となっています。

また、あまりにも期間が長くなってしまうと、相続権を持つ人が増えてしまったり、遺産が散逸してしまう可能性もあるため、できるだけ遺産分割のための分割協議は早めに行っておくべきでしょう。
遺言書があるならば、そこに書かれている内容にしたがうことになります。
しかし、遺言としてすべての遺産の分割の仕方が指定されているとは限らないため、多くの場合では相続人が全員で話し合って遺産分割の方法を決めていくことになるでしょう。

遺産分割の方法

遺産分割にはさまざまな方法があります。
まず、遺言があるならば、そこで指定されている方法によって分割しなければいけません。
分割方法は遺言によって第三者に委ねることもできます。

自分の遺産について自分の思うとおりに扱って欲しいと考えているならば、被相続人は生前の元気なうちにきちんと遺言書を残しておくべきでしょう。
遺言書があった方が、遺族は余計なことを考える必要がなくなるためとても楽になります。
無用なトラブルを防ぐ役割を果たすでしょう。

遺言がない場合は、遺言に含まれていない財産がある場合などは協議によって分割方法を決めます。
まずは共同相続人が話し合いをして協議をします。
もし相続人全員が合意したのであれば、遺言によって指定された相続分や、法定相続分にしたがわないという選択も可能です。

特定の人が0となるような分割協議も合意があるならば有効となっています。
協議をしたとしても、それがどうしてもまとまらないことはあります。
そのときには、家庭裁判所に頼むことになります。

家庭裁判所に対してはまず調停を申し立てして、そこで成立しないときには審判手続に移行することになります。
現金のみの遺産であれば簡単に分割できるでしょう。
実際には建物や土地が含まれていることがあるため、具体的にどのように分割するのかでトラブルが生じることがあります。

きちんと話し合いをしてトラブルが起きないようにスムーズに分割をするべきでしょう。
たとえば、建物や土地に関しては一度売却してから、現金を分割するという方法があります。