不動産の分割方法

価格設定で揉めやすい

財産の相続に関して最もトラブルが多くて、たくさんの方が悩まされているのは不動産に関することです。
不動産というのは一般的に分割しにくい財産であり、これによってトラブルが起きてしまう可能性は高いです。
不動産はそもそも色々な評価の仕方があるため、価格をいくらに設定するのかで揉めることも多いです。

たとえ価格が一致したとしても、たとえば住宅の場合はそこに誰が住むのかという問題が生じます。
このようなケースでは均等に分割することはなかなかできないのです。
たとえば、不動産の他にも現金や貯金があるならば、そちらとのバランスを考えて配分することが可能です。

しかし、不動産に相当するような貯金を持っていないケースは多いでしょう。
また、預貯金の場合はすぐに使うことができますが、不動産の場合は売却する必要があるため、この点でも意見がまとまらないことは多いです。
不動産を分割するときには色々なことに気を使わなければいけないのです。

不動産を分割する方法

まず現物分割という方法があります。
これは不動産を物理的に分割してしまうことであり、たとえば土地であればそれを分筆してしまうのです。
換価分割という方法もあります。

こちらは不動産を売却してお金にしてから、それを分割します。
代償分割といって、一人が不動産を相続したら、他の人は不動産に相当する額の対価を金銭で受け取るという方法です。
共有分割といって、不動産を分割するのではなくて、それぞれが共有するケースもあります。

現物分割の場合、更地ならば簡単に実行できるでしょう。
ただし、宅地の場合は面積が小さくなってしまうため、その土地を活用することが難しくなります。
また、既に誰かが住んでいる場合には分割することは難しいでしょう。

換価分割は最もトラブルの少ない方法となるのですが、売却のタイミングによっては低い価格で売らなければいけないこともあります。
市場の動向による影響を大きく受けてしまうため気をつけましょう。

代償分割の場合は、不動産に相当する額の現金を持っていないと分割が難しくなるでしょう。
以下のサイトでも詳しい情報を取り上げられています。
>>http://www.fudosansell-agent.com/useful/sozoku/bunwari/

代償分割のためにローンを組んでしまうのはかなりの負担になってしまうこともあります。
共有分割については、常に共有している人達の合意が得られないと何もできません。
お互いの中が悪くなってしまうと、共有していくことが難しくなるでしょう。

また、共有した不動産をさらに子供に相続させる際にトラブルになるケースもあります。
このように色々な分割の方法があるため、ケースバイケースで適したものを選びましょう。